よく読みよく聴こう

私たちが英語ができない理由として、日常生活で英語を普段からあまり利用していないのが原因と言われている。
それもそのはずで、普段から聞き慣れない言葉をいざすぐに覚えることなんてできるわけがないのだ。
つまり英語の勉強というものは日常生活で普段から使っていかなければならないということが分かる。
私たちが日本語がすぐ理解することができたのも常に身近に日本語を使う機会と触れる機会があったからだろう。
英語も同じで普段から話した聴いたりする習慣をしなければならない。
身近に英語を触れるのには英字新聞とかをオススメする。
他にも洋画を字幕で見たりと英語を触れ合う機会と言うものは探せば沢山あるのでぜひ参考にして頂きたい。
英語のニュースを見るというのも得策だ。
そして何より一番気をつけなければならないのが途中で決してやめないことである。
これらの内容はしっかりと習慣をつけなければ意味がなくなってしまう。
英語で怖いものは勉強に対する飽きが来てしまうことだ。
それを乗り越えることができるようになれば英語を覚えることにさほど苦労を覚えることはなくなるだろう。
話すということも英語を覚えることにとっては重要なスキルである。
実際に話してみてどのようなやりとりができるかというのを実践で感じることができないと英語を覚えても使いこなすことができなくなってしまうだろう。