グロービッシュをマスターするために

グロービッシュをマスターするためにどのような勉強法をすればよいのだろうか?
実はとても意外な方法でグロービッシュをマスターする方法がある。
それは中学英語をマスターすればよいいということだ。
グロービッシュの内容はほとんど中学英語の内容と同じである。
中学英語を一からやり直すと思うのではなく、グロービッシュを使うための宝の宝庫が中学校の教科書だ。
それ以上の英語だと高校レベルではグロービッシュでは過剰教育となるため、中学校レベルがちょうどよい。
というのも前回書いた記事のルールはすべて中学英語でカバーをできる内容となっているからである。
では実際にどのようにグロービッシュをマスターしていけばよいのかを書いていきたいと思う。
まず3ヶ月間で中学1~3年生の教科書ガイドを読んで見ることをオススメする。
そしてしっかりと音読をしたり英会話を聞いたりして聴くことと話すことの練習もしっかりやることに気をつけよう。
そしてその作業が終わったらいよいよ暗記作業だ。
日本語を見て英作文をしていこう。
そして問題をしっかりと照らし合わせることで間違いを見つける努力をしよう。
そしてここでも気をつけるのが音読とリスニングをしっかりと聞いたり話したりすることだ。
これである程度の語彙を覚えることが可能だ。
しかし中学校卒業レベルで使う単語は1000語ほどで少し語彙が足りないと感じるかもしれない。
そう思ったらTOEICを受けてみることをオススメする。
TOEICで600点以上を取ることができれば十分な語彙を覚えることができていると分かるだろう。

グロービッシュをマスターするために【関連記事】

よく読みよく聴こう